贈り物に喜ばれるプレゼントとタイミングのマナーについて

ひな人形のデザイン

古くから日本の風習として飾られてきたひな人形ですが、そのデザインは時代によって大きく変化しています。伝統の日本人形タイプもあれば、有名キャラクターとコラボしたデザインのものもあるのです。

お祝いの品

出産祝いを贈るときには相手が貰って嬉しかったものにするのが一番良いです。オムツなどの消耗品や洋服なども貰って嬉しい贈り物の中に含まれています。赤ちゃんのためではなくお母さんのための出産祝いもあります。

様々な種類

雛人形にはさまざまな種類があります。コンパクトに収められる小さいサイズのものもあれば、非常に大きめのサイズの高品質なものもあります。家庭内の女の子の数や好みに応じて選ぶとよいでしょう。

行事に適した贈り物

お値段やシーンに合わせて北新地の花屋さんはお答えします。大切な方へのプレゼントならやっぱりお花です。

イベントを祝う

季節のイベントや記念日などによって、贈り物やプレゼントするタイミングがあります。子供の入園や入学祝いなどであれば、早めにプレゼントをするのが基本的なマナーでありますが、出産祝いなどは母親と赤ちゃんが無事に産まれたことが確認とれてから行くのがマナーであります。産後の母親は、赤ちゃんの生活サイクルに合わせるため夜中に泣き出したりしたら数時間ごとに起きてミルクをあげるなど、睡眠不足の毎日が続きます。お祝いは先にあげて、訪問は赤ちゃんが落ち着く頃に訪問するのが良いです。出産祝いを貰ったら、そのお礼にお返しをしなくてはいけません。お返しを持っていく場合は、子供の名前を入れてお返しの品をもっていきます。

子供の節句を祝う

子供が増えてくると節目の祝い事が多くなってきます。子供には節句というのがあり3月3日は女の子の幸せを祈ってお祝いする「桃の節句」という行事があります。この時のプレゼントの習慣として雛人形をプレゼントしてあげます。次に5月5日になると「端午の節句」という男の子の節句があります。成長を願うとともに厄を祓う意味があります。男の子には兜や五月人形をプレゼントします。人形が既に容易されている場合は、お祝い金や子供が貰って嬉しいおもちゃをプレゼントしても喜ばれます。

プレゼントや贈答品を贈る機会は、他にも結婚式やお中元、お歳暮などいろいろなイベントがあります。その時に一番悩んでしまうのが、いったい何をプレゼントすると喜んでもらえるのかということです。近年は贈答品選びに悩まないようにとカタログギフトというのも多くなってきました。カタログギフトはカタログの中から好きなものを選んでもらえるメリットがあります。それぞれイベントや行事に合わせてプレゼントするようにしましょう。また、お礼の品も返すことも忘れないようにします。

Copyright (c) 2015 贈り物に喜ばれるプレゼントとタイミングのマナーについて all reserved.